子供の稗粒腫(はいりゅうしゅ)がハトムギ茶とヨクイニンで自宅で取れた話

ハトムギ茶とヨクイニンでウイルス性のイボが♪

よっしーの次男は小学生で、右足にウイルス性のイボ(尋常性疣贅・じんじょうせいゆうぜい)が出来てしまい、皮膚科に通院しながらハトムギ茶とを飲みました。

その結果は…病院の治療と併用しながらではありましたが、皮膚科医もびっくりするほどあっさり完治しました!

液体窒素による治療を継続していても、2年間通院してもまだ治っていない患者さんもいらっしゃるそうです💦

ハトムギ茶もヨクイニン(ハトムギエキスの漢方薬です)もイボに効果があると言われており、皮膚科によってはイボの患者さんにヨクイニンを処方することがあるそうです。

 

 

↑次男が飲んでいたのはこの商品で、5歳以上の子供が服用できると書かれています。錠剤なので粉薬より抵抗なく飲めるかなと思って選びました。

さて、次男の足のイボはすっかり完治しましたけど、じつは1年以上前から右目のすぐ下に白い小さな粒みたいなものが1つあるのが気になっていました。

これは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」というもので、主に目の周りにできる1~2mmの硬いブツブツだそうです。

赤ちゃんの場合は自然に消える場合がありますが、大人の場合は自然治癒することはないので表面に注射針で小さな穴をあけ、内容物を押し出して治療するそう!ひぃぃ。

 

にゃご
ひぃぃ!!怖いんだぞー!目のすぐ近くだもんな…

よっしー
注射針を目のすぐ近くに刺すって想像するだけで怖いわね。

 

とうとう稗粒腫が自然に取れた!!

稗粒腫は放置しても別に生命に影響を及ぼすわけではなく、ただ見た目が気になるだけのようですね。でも…気になってしょうがなかったんです💦

実はよっしー、自分の目の下にできた稗粒腫は自分で取ったことがあるんです。でも次男は痛がるし、病院で治療してもらうのも目のすぐ下なので怖かったんですよね。

小さいお子さんだと、病院で暴れたら…と想像するとすごく怖いじゃないですか。ウイルス性のイボの治療の助けになればとハトムギ茶&ヨクイニンを飲ませた時「稗粒腫にも効いた」という体験談をネットで見かけました。

 

 

先に足のイボが治り、目の下の稗粒腫はなかなか治りませんでしたがしばらく諦めずに飲ませ続けていました。飲み始めて3か月ぐらい経ったでしょうか。

そして今朝!とうとう「あれっ!?稗粒腫がなくなってる!!」と気づいたんです。最近、かえって少し大きくなったようにすら感じていたんです。

途中で諦めなくて良かったでーす!これをきっかけに家族みんなでハトムギ茶を飲むようになりました。普通の麦茶とさほど変わらない手軽なお茶です♪

 

ダメ元で試してみるといいと思う

次男の場合、稗粒腫は目の下に1つだけありました。でも人によっては、まぶたに10個ぐらいポツポツとできてしまう場合があるそうです。

これを全部皮膚科で処置してもらうのはなかなか勇気がいりますよね。まずダメ元でハトムギ茶とヨクイニンを試してみて、どうしてもダメなら皮膚科で治療するのはどうでしょう?

なおハトムギ茶とヨクイニンは妊婦さんは飲まないほうがいいと言われていますので、可能性がある女性の方は気を付けてくださいね。

 

 

稗粒腫は危険なデキモノではありませんが、見た目がすごく気になるモノなので…できれば、病院に行かなくても自然に取れるといいですね♪

ネットの体験談を見ると、全ての方に絶対に効くというわけではないようですが、効いた方もちらほらいらっしゃるようです。

そして、自分で無理に取ろうとすると場所が場所だけに危険なこともありますので、無理なことをしないように気を付けましょう。

 

にゃご
ハトムギ茶は美味しく飲めるから毎日の習慣にするといいね。

よっしー
どうしてもダメなら皮膚科で相談しましょうね。