WordPressテーマをSimplicity2→Cocoonに変更したよ

無料なのにとってもすごいCocoon!

 

よっしーのブログはすべて無料WordpressテーマのSimplicity2を使用していたんですけど、これの後継に当たるCocoonが素晴らしいと聞いたので思い切って乗り換えることにしました。

Simplicity2はとても使い勝手が良かったんですけど、サイトの読み込みスピードにちょっと不満があり、いろいろプラグインを入れてみたんですけど効果は今ひとつ…でした💦

CocoonはGoogleでページが高速表示されるとのこと、この点にもっとも期待して思い切ってテーマを乗り換えてみることにしたんです。

結論から先に書くと、確かによっしーが所持しているどのブログ・サイトもCocoonにしてからかなり高速表示されるようになりました!

ただやっぱり、テーマを乗り換えるというのはいろいろ面倒な作業をしなければいけません。今回は、よっしーがWordpressテーマをSimplicity2からCocoonに乗り換えるときに困ったこと、気を付けるべき点などを書いてみます。

 

にゃご
にゃご

ワードプレスのテーマっていうのはデザインを変えられたりするあれか?

よっしー
よっしー

そうよ、有料のものもあるけどCocoonは無料テーマの中でも特に優れていると言われているの。

Simplicity2からCocoonに変更する手順は?

まず、ダウンロードページから親テーマと子テーマを両方ダウンロードしてください。現在、Simplicity2で何らかのカスタマイズを加えている場合は、ダッシュボードの外観→テーマの編集へ。

見出しやサイドバー、人気記事などのカスタマイズをしている場合は書き加えたコード部分をコピーして、念のためメモ帳か何かにペーストして保存しておきます。

その後、外観→テーマ→新規追加→テーマのアップロードで、親テーマと子テーマの両方をアップロードして子テーマのほうを有効にし、外観→テーマの編集と進んで先ほどコピーしたコードをペーストして保存します。これで同じカスタマイズが利用できます。

 

 

Cocoon設定→Cocoon設定でいろいろ設定しますが、まずは「その他」タブから「Simplicityから投稿設定を引き継ぐ」にチェックを入れておいてください。

文字や色、ヘッダー画像のカスタマイズも順に行っていきます。「アクセス解析・認証」タブでGoogle AnalyticsトラッキングIDやGoogle Search Console IDを忘れずに設定しておきましょう。

目次を表示するプラグインを入れている場合、「目次」をオフにしておくといいでしょう、表示が二重になってしまうので…

Cocoon設定→高速化で「ブラウザキャッシュの有効化」にチェックを入れておくといいです。こちらからサイトの表示速度をチェックしてみてください、かなり速くなりましたよ♪

 

広告を貼っている方は必ず見直しをして!

 

Googleアドセンスなどの広告を貼っている方は、テーマをSimplicity2からCocoonに変更した時は必ずウィジェットの見直しをしてくださいね。

これまでいろいろな場所に貼っていた広告ウィジェットが、大部分外れていると思います💦めんどうくさいですが、すべて貼り直しました。

ロリポップ!レンタルサーバーを使用している方は、この作業をする時はセキュリティ→WAF設定を無効にして5分ほど待ってから行いましょう。終わったら忘れずに「有効」に戻しておいてくださいね。

ヘッダー画像のサイズやフォントの設定など、やろうと思うと本当にキリがありませんけど、広告の貼り直しやGoogle AnalyticsトラッキングIDやGoogle Search Console IDの設定だけはすぐに済ませておきたいですね。

 

にゃご
にゃご

最初だけちょっと面倒くさいけど頑張ろう!

よっしー
よっしー

1度設定しちゃえばいいんだもんね♪