SNSなどネットで他人を誹謗中傷しても何もいいことは無い!

ネットで他人を誹謗中傷しても何もいいことは無い
スポンサーリンク

誹謗中傷は被害者だけではなく加害者も不幸に!

このごろ、SNSなどインターネット上での誹謗中傷にまつわる悲しい事件が世界中でちらほらありますよね。

もしかしたら「他の人もみんなやっているし、このぐらいは…」と思ってやっている人もいるかもしれませんが、はっきり言って被害者の方だけではなく加害者側にも何も良いことはありませんよ!

SNSやブログをやっている方でフォロワーさんや読者さんが多い方は、特に何かした覚えがなくても誰かから嫌われたりミュートやブロックされたりということは避けられないと思います。

だって「猫って可愛いね」と書いただけで「何!私が犬を飼っているからってイヤミか!」と怒り出したり「今日はいい天気ですね」と書いたら「私の住んでいるところは雨だ!」と言い出す人までいるそうですから。。

 

『サザエさん』の原作者の故・長谷川町子さんはかつて「長谷川さんが漫画を使って自分の悪口を書いている」と思い込んだ学生さんに自宅に放火されたそうですが、これは誹謗中傷と言うより病的な被害妄想ですよね…恐ろしい。

それで「あの人ムカつくわー!」と言って悪口を書けば同類さん(!)とは盛り上がれるかもしれませんが、まともな感覚を持った人たちはドン引きします。

正直「えっ…あの人のどこが悪いって言うの?悪くないあの人のことをこんな風に誹謗中傷する人は怖いからあらかじめブロックしておこう」と知らない人をブロックしたこともありますよ。

他人を誹謗中傷することで相手を苦しめるつもりが、気が付けば自分も他の人たちから避けられたり悪口を言われるようになる…これではみんな不幸ではありませんか?

 

なごみ
なごみ

それは悲しいことですね…

よっしー
よっしー

自分も相手も不幸になるのよ。嫌なら関わらなければいいのにね。

軽い気持ちで誹謗中傷すると大変なことになるかも!

ブログランキングサイトに登録しているブロガーが誹謗中傷を行っている場合、ランキングサイトに匿名で通報することができます。

ブログ村はこちらから、人気ブログランキングはランキングページの各ブログのところにある「報告」から、FC2ブログランキングはこちらからそれぞれ通報することができます。

また各種無料ブログサービスの運営に誹謗中傷などの被害を報告するためのフォームが用意されているはずです。悪質すぎてランキングサイト永久追放になった人もいますよ。

これまでは正直あまり良い対応をしてくれない会社もありましたが、先日日本でも悲しい事件がありましたし芸能人の方たちも声を上げていますから、今後は厳しく対処する方向に行くでしょうね、間違いなく。

 

誹謗中傷されたのでツイッターで騒いでみたら20万円で示談になった話|コミさん|note
最近のツイッターランドはとても殺伐としていますね。 先日に某テレビ番組で出演していた女性がSNSからの誹謗中傷によって傷付き自殺してしまったという件もありました。 SNSは表現の自由が最大限に発揮できます。 しかし、SNSではどうも画面の向こう側にいるのが生身の人間だということを理解せず好き勝手に言ってしまう人がい...

 

↑↑↑こちらのnoteの方はTwitterで誹謗中傷されて法律相談所に相談したところ、相手があわてて謝罪してきたそうで、お金がないと泣き言を言ってくるのでお情けで20万円もらって示談にすることになったそうですよ。

ネットって現実社会よりも怖いんですよね。現実社会で言い合いになったときは、その場に誰もいなかったのなら「私そんなこと言ってませんけど~?」とシラを切ることもできてしまいます。

ところがネットでは、自分が行った誹謗中傷の書き込み等は他の複数の人が密かに証拠として保存している可能性も高いですし、何かあって慌てて削除・退会してもしばらくの間はデータが残りますから。

ちなみに、相手が使っているのが無料ブログサービスではなくレンタルサーバーでも大丈夫です。こちらに相手のブログのアドレスを入力して調べるとどこのレンタルサーバーを借りているのか調べることができます。ちなみにこのブログはロリポップ!レンタルサーバーです。

私は以前、エックスサーバーを借りている人からブログ記事を自動で全文パクられたことに気づいてエックスサーバーに連絡したところ、相手が該当箇所を削除しました。やれやれ…

 

ライバルの足を引っ張るより自分が上に行くために頑張れ!

まず間違いなく言えることは「とても幸せな人はネットで誹謗中傷を楽しんだりはしない」ということです。自分の生活を楽しむことに忙しいでしょうからね。

また自分より「劣っている人」に粘着することもおそらくないでしょう。オリンピックに出る選手が、素人の学生の試合を見てしつこくバカにしたりするでしょうか?実力差がありすぎるのに。

何かうまくいかないこと・不満なことがあり、なおかつヒマなとき、たまたま自分と同じようなことをしていて自分よりも目立っている(ように見える)人が居ると「くそー!」と嫌がらせをしたくなるのかも。

もしあなたが陸上部にいるとして、どうしても勝てないライバルがいるとしましょう。「どうしたらあいつより速くなれるかいろいろ研究してみよう」というのは良いことです。

でも「あいつさえ走れなければオレが今度の大会に出られるのに!」と思ってしまって、一線を越えてしまったら…誰にとっても悲劇にしかなりません。

 

 

↑↑↑今後、ネットの誹謗中傷の被害を裁判にする例は有名人の方を皮切りにどんどん増えていくと想像されます。弁護士さんたちもビジネスとしてそこに目を付けていらっしゃるようですし。

先日の悲しい事件をきっかけにそのための準備(証拠保存など)を始めている方はちらほら…ほんの軽い気持ちで誹謗中傷すると、あとで泣くことになるかもしれませんよ?

誰にとっても決して良いことがない誹謗中傷。「日本に住んでいないから大丈夫」「匿名だから大丈夫」と言っていられたのはもう昔の話です。今すぐやめましょうね!

 

なごみ
なごみ

自分が正義だと思ってやっている人も多いですが、誹謗中傷した時点で訴えられたらアウトですよね!

よっしー
よっしー

そうね、あと集団での暴走にも気を付けないといけないわね。