メリットよりデメリットが多いのでブログにコメント欄は必要ないと思う

ブログのコメント欄はデメリットがかなり多い!

ブロガーのみなさん、こんにちは!みなさんのブログには「コメント欄」はありますか?よっしーのブログは、どれもコメント欄をもうけていません。

他のブロガーさんたちもおっしゃっていますが、ブログにはコメント欄は必要ないと思います。なぜなら、メリットよりもデメリットのほうが多いと思うからです。

ブログにコメント欄があるメリットは、なんといっても読者様と交流ができるということでしょう。誤字脱字を教えてくれることもあるでしょうし。

そしてコメントが多いとSEO的にも良い効果があると言われていますよね。でも、これらのメリットよりも「コメント欄があることによるデメリット」のほうがいろいろ問題かと。

ブログを読んでくれた方が自由にコメントを書き込めるということは、誰かがコメント欄を利用して心無い言葉を書き込んだり読者の方同士がケンカを始めることだってあります。

もう18年ぐらい昔の話ですが、当時よっしーが運営していた趣味のホームページの掲示板で読者さん同士が激しいケンカを始めてしまい、私はどちらにもつかなかったのですが結局、ホームページごと閉鎖することになってしまったんです。

何かトラブルが起こってからコメント欄を閉鎖することもできますけど、それまでに書き込まれた好意的なコメントもすべて見えなくなります。それなら最初からコメント欄をなくしたほうがいいかもしれません。

にゃご
読者さん同士のケンカか…なかなか大変そうだよな、ヒートアップすると。

よっしー
なぜ自分と関係ないところであんなことになっちゃうのかしら…と納得がいかない気持ちだったわ。

どんなにいい記事を書いても必ず荒らしはやってきます

わざと多くの方を怒らせるような内容の記事(例:〇〇ファンって本当にバカだよな~)を書いて意図的に「炎上」させ、アクセスアップを狙う方もいらっしゃいます。

でも、そのような内容の記事ではなくても、ある程度ブログが育ってきて人気が出てくると記事の内容に関係なく必ず「荒らし」はやってくると思ったほうがいいです。

4コマ漫画やイラストをブログに載せている方であれば「お前の作品はヘタクソすぎて不快!」とかね。何もその人のために描いているわけじゃないでしょうに。

「私は赤色が好きです」と書いただけで「青色が好きなオレを否定するのか!」とキレられるかもしれませんし「赤色も青色もどっちも好きです」と書けば「いい奴ぶってイヤな感じ!」と言われるかも。

「詐欺師に気をつけましょう」という記事を書けば、自分が詐欺師だという自覚のある方からはめちゃくちゃ恨まれるでしょうね。

「昨日食べたパンが美味しかった」と書けば「小麦アレルギーで食べられない人の気持ちを考えないんですか!?」と言われることだってあります。

また、「みんなから人気がある人が嫌い」という方もいらっしゃるんです。芸能人や超人気ユーチューバーの方たちにもアンチが必ずいるでしょう?

学生の頃、クラスでモテる女の子のことを「あんな子のどこがいいのよ!肌荒れてるじゃん」とか「いい子ぶってるけど陰でいろいろ悪いことしてそうだよね~」と無理やり悪口を言う嫉妬深い子、いましたよね?

だから、あなたがどんなに言葉を選んで気を付けて記事を書いたとしてもそういう人が湧いてくるのを防ぐことは出来ないんです。

特に「みんなから人気がある人が嫌い」という人たちはブログのアクセスが増えて有名になるとそれに比例するように増えていくんですよね。芸能人のように。

不適切なコメントを放置しているとペナルティを受ける!?

Googleアドセンスをしているブロガーさんは多いと思います。アドセンスは規約がかなり厳しいことで有名で、記事を書く際には規約を守ることを意識していらっしゃるはず。

でもね、ブログの記事本文は大丈夫でも、「規約に違反するコメント」が書き込まれてそのコメントをそのまま放置していると、規約違反となりアカウント停止もあり得るそう!!

たとえば誹謗中傷・法律に違反すること・成人向けの内容・規約違反となるサイトへのリンクなどなど。

コメント欄もあなたのブログの一部です。不適切なコメントを削除せずに放置しているということは、ブログ運営者の責任になってしまうのです。気をつけましょう。

他人のコメント欄を利用して自分のブログへ誘導しようとする人はかなり多いです。中には第三者を装って「この人のブログがお勧めですよ!」と自分のブログを紹介しまくっている方もいます…

訳の分からない業者、ただ自分のブログを宣伝したいだけの人、荒らし…まともなコメントだけではなくこのような方々が大挙して押しかけてくるのでは困りますよね。

通常の精神状態であれば、普通の大人が他人のブログのコメント欄にひどいコメントを書くことはあまりないと思われるかもしれません。

しかしネットにはいろいろな方がいるのです。中には、心がとても疲れて通常の状態ではなくなっている方々もいらっしゃるのです。だから難しいんですね。

コメント欄がなくてもSNSで読者と交流できます

読者様と交流したいのなら、別にコメント欄ではなくてもブログと連携させたSNSでいくらでも交流することができます。

SNSで迷惑行為をすると即座に通報されてアカウントをBANされる可能性が高いせいか、SNSではブログほど気軽に荒らしを行う方は少ないらしいです。

さほどメリットもなく、むしろデメリットのほうが多いコメント欄は閉じてしまって、交流はSNSでするほうがいいんじゃないでしょうか?記事更新のお知らせを流すこともできますし。

あなたのまっとうなブログ記事のコメント欄を荒らしに来るのは、実生活で何かしら不満を抱えている上にヒマで他に何も楽しいことがない嫉妬深い方がほとんどです。

幸せな人ってわざわざ他人に粘着する必要もないですし、他にやるべきことがたくさんあるのでそんなに暇じゃないでしょうからね。

楽しいことがなく、一人ぼっちで部屋に閉じこもってひたすら他人のブログのコメント欄を荒らしている姿を想像すると泣けてきますよね。

また大学生は小学生相手にムキになることはありません。明らかに自分よりも「下」の相手に対して粘着することってないんです。誰かがあなたに粘着する時点で、少なくともその相手はあなたより「上」ではないということです。

だからそういう人がやってきても気にする必要はありませんが、イヤな思いをする前にあらかじめコメント欄なんてなくしてしまったほうが気楽で良いのではないでしょうか♪

にゃご
今時、どうしてもコメント欄が無いといけないことってないと思うんだよな。

よっしー
そうよ、昔はみんなコメント欄をつけていたけど最近はそうでもないわ。よく考えましょう♪