Twitterのこんなお医者さんはイヤだ!

Twitterの意地悪な医クラたち
スポンサーリンク

Twitterにはお医者さんが山ほどいらっしゃいますが…

みなさんはTwitterをやっていらっしゃいますか?原則本名登録のFacebookと違い、匿名で気軽にできるTwitterは人気がありますよね。

さて、Twitterにはお医者さんアカウント(医クラ)がものすごーーーくたくさんいらっしゃいます。

「こんなに先生たちはTwitterをなさっているの?」と思ったら、ある先生いわく「ニセ医師」もいるそうです💦

追記:真偽不明ですが、ある医師(本物と確認済)の方いわく「Twitterの医クラの3割は偽物だ」そうです。見分け方ってあるんでしょうか…

医師と素人ブロガー

 

それはともかく、医クラのみなさんはとてもたくさんいらっしゃるわけなので、とても素晴らしいと思う先生もいれば「???」と思ってしまう先生も正直いらっしゃいます。

前者の先生たちから見たら後者の先生たちは「同じ医師だと思われたら迷惑だわ…」って感じることすらあるそうです。困っちゃいますよね。

そういうわけで今回は「Twitterのこんなお医者さんはイヤだ!」という記事です。あくまでもこんな言動をなさる先生が嫌だと言う話であり、特定の先生個人がどうこうじゃないので該当しない先生方は怒っちゃいやーよ。

 

にゃご
にゃご

あはは…面白そうな話だニャー。

よっしー
よっしー

実にいろいろな先生がいらっしゃるわよ。

本当に仕事しているの??な先生

バツを持っている看護師さん

 

一般的に、お医者さんってかなり忙しいはずなんですよ。私の糖尿病内科の主治医は少なくともそうです。

時には夜勤の後そのまま日勤(外来)ということもあるようで、無精ひげが伸びていたり…もちろん外来に出ているときはネットをする暇なんて無いと思います。

ああそれなのに、かなりTwitterに張り付いている先生もいらっしゃいます。本当にお医者さんなの??と疑問に思ってしまうぐらいにね💦

患者さんそっちのけでTwitterばかりでクソリプしている先生なんてイヤだし、リプなんて遅れてもいいから仕事中はそっちに集中してくださいって感じです。

 

患者を「下」に見ている先生

お医者さんはひとつの職業に過ぎないので、人間的には実に様々な方がいらっしゃいます。患者である私たちと対等に会話をしてくれる先生もいれば、患者のリプはすべて無視して同格の方としか会話しないと決めている方もいらっしゃいます💦

自分とは直接関係がなくても、どなたか一般人の方が何か意見を書きこんだらしいことに対して「素人のくせに!」「お前らなんて医学部にも入れないくせに」などと書かれているのをみると何となくがっかりしますねぇ。

看護師や薬剤師など、医師以外の医療関係者の方を見下す先生がいます。また医師同士でどこの診療科の方が上だの…そんなことを言う先生が患者を見下すのも当然かもしれませんね。

 



 

またいろいろな理由で何かと医師と患者はすれ違いがちなのですが「患者さんたちの気持ちを知りたい」とおっしゃる先生たちもいらっしゃいます。ありがたいことです。

しかしそうではなく「医師と患者がすれ違うのは患者が無知だからだ。自分のような専門家が無知な患者たちに正しい知識をいかに理解させるかが大事だ」と上から目線の先生もいらっしゃいます。

医師同士で意見が分かれた時も、常に間違っているのは相手で自分は正しいと思ってしまう先生…そのすごい自信はどこから来るのかな💦

難しい入学試験に合格して医学部に入って医師になったわけですからプライドもあるんでしょうけど、あまりに見下されるといい気はしませんよねぇ…そうでなければ尊敬するのにな。

 

匿名なのをいいことに悪口を書きまくる先生

「この人本当にお医者さんなの!?」とビックリしてしまうようなすごい悪口、下品な事を書きまくる先生もいらっしゃいます。

自分と意見の合わない医師たちの顔写真をコラージュした画像を作って「こんな奴らは〇〇〇しまえばいいのに」など、訴えられたらどうするのと思うような内容も。

本当に患者たちのことを思うなら、こそこそ陰口を言うのではなく相手の医師に直接医師として話をしてはどうでしょうか。ツイッターやブログ等手段はあるわけなので。

実名で活動なさっている医師たちは、さすがにそのような誹謗中傷はほとんどなさいませんね。勤務先などもすぐ分かりますから。

 

ビックリしている女性

 

いっぽう悪口ばかり書く先生は「匿名なら何をやっても大丈夫~♪」という油断があるのでしょうね。でも、警察沙汰になったらバレますよ?

直接悪口を言うのと違って、ネットでは発言が証拠として残るだけにかえってまずいことになる可能性は高いんですけど💦

先生方も人間なので職場の愚痴を書きたいのは分かりますが「今日こんな患者が来たウザイ」などとその患者さんの詳しい特徴を書くのはまずいんじゃないかと思いますが大丈夫でしょうか💦

 

↓ムカついた患者さんの特徴を詳しくTwitterで書くのは守秘義務の問題にはならないのかな。

医の倫理の基礎知識|医師のみなさまへ|医師のみなさまへ|公益社団法人日本医師会
医師のみなさまへ医の倫理の基礎知識について掲載しています。

 

自分が常に正しいと思うあまり暴走する先生

効果がないのに高額なお金をむしり取る、いわゆる「トンデモ医療」が問題になっています。明らかなトンデモ医療を批判するのはまぁ普通の医師としては当然のことと思われます。

しかし中には、医師たちの間でも意見が分かれていてどちらが正しいのかはっきりしていないようなことでさえ「自分たちが正しい!それ以外は悪だからやっつけてやる!」とばかり暴走する「正義の代表マン」も💦

ふだん「自分たちは医療の専門家なので正しい医療知識を持っています!」とおっしゃっているのに「主治医がこう言ってたんですけど」と言うと「それはその医師が間違ってます!」とか、診てもいないのに失礼だとは思わないんでしょうかね。

だいたい、匿名の先生が「私は医師として正しいことを書いていますっ!」と主張したところで、こちらはその先生が本物の医師であるかどうかも確認する手段がないわけです。

 

 

そういう先生に限って、自分が明らかに医学的に間違ったことを書いてしまって誰かにそのことを指摘されても意地でも修正しなかったりするので困っちゃいますよ。

自分の個人的な見解を、いかにも医師たちがみんなそう思っているかのように語る先生も困ります。根拠を尋ねると週刊誌と大差ないレベルだったりすることもありますから…

ただし、その手のタイプの先生がフォロワーの多い先生だったりすると、内心違うと思っても表面上は反対できないのでもやもやする…という意見は複数の医師の方からこっそり聞いておりますw

Twitterが公の場であることをうっかり忘れる先生

鍵アカウントなら別ですけど、公開アカウントは世界じゅう誰が見ているか分からない「公の場」ですよね。

そんな公の場であることを忘れてノリで自撮り写真をUPしてかなり時間が経ってから「やべぇ消すわwww」とか「糖尿病は儲かる」「インフルエンザは儲かる」などとツイートしてしまう先生方。

いくら後でヤバイと気づいてツイートを削除なさっても、見た瞬間「これはヤバイな」と思って保存している人もたくさんいるということを忘れてはいけませんぞ。

 

 

自分の顔そのものをUPしていなくても、見る人が見ればすぐに「あら?これうちの病院だわ」って分かるようなツイートもよく見かけます。身バレ上等なんでしょうか💦

以上「Twitterのこんなお医者さんはイヤだ!」をお送りしましたが、そうではない本当に素敵な先生方もたくさんいらっしゃるので安心してくださいね。

患者であるあなたをシカトしたり、平気で気に入らない人の悪口を書いたり、いつも自分だけが正しいと思って正義を振り回す先生方にはどうぞご注意あれ!

 

にゃご
にゃご

先生たちの中にはどうも危機意識が足りない人も多いような気がするニャア。

よっしー
よっしー

もっと気を付けて使わないと危ないわね~。