懐かしいけどトラウマに!?昭和の超怖すぎるCMたち…!



昔のテレビコマーシャルはめちゃくちゃ怖かった!?

昭和生まれのアラフォー女・よっしー。最近思うんですけど、今のテレビコマーシャルって明るくてちっとも怖くないですよね!?

でも…幼少時、昭和のテレビコマーシャルはめちゃくちゃ怖くてトラウマになりそうなものがたくさんあったんですよね。

画面はなんだか黒っぽくて怖かったし、テーマが重いし、音楽もおどろおどろしいものもあったりして…みなさんは覚えていますか?

今、それらのコマーシャルを小さい子に見せたら怖くて泣きだすんじゃないかと思えるものまでいくつかあったりします。

なお、テレビコマーシャルの動画UPは著作権違反に当たるので、当ブログにはそれらの動画は貼りません。その代わり、言葉で想像していただきますね♪

にゃご
そ、そんなに怖いCMを昔は放送していたのか!?

よっしー
そうね、怖いのがいくつもあったわ…もう思い出せないものもあるけどね。

何気に怖いCMの数々…

女性の横顔がずっと写ってるだけなんだけど「イオナ、私は美しい」のイオナ化粧品のCMが何だか怖かった記憶があります。

あとノエビア化粧品のCMの女性のイラストが、なんとなく怖かったような…今観るとどうってことないんですけどね。

また、よっしーはマクドナルドの「ドナルド」の顔自体が怖かったです。「ドナルドは嬉しくなるとついやっちゃうんだ…ランランルー♪」

今ならコーヒー噴きますけど、子供の頃はめちゃくちゃ怖くてたまらなかったですよ…何か夢に出てきそうでorz

シオノギ製薬の動脈硬化のCMも怖いですねぇ。電車内で突然、男性が倒れるというもの。動脈硬化が怖いのは確かなんですけど、ああいう風に人が倒れるのは後味が悪いです。

タンスにゴンのCMで「やーね、おじいちゃんったらまた死んだふりしてる…」というものがありましたが、これはやっぱり問題なので後に「寝たふりしてる」というセリフに差し替えられたそうです。

よく怖いCMの代表として語られるのはクリネックスティッシュの「赤鬼編」。これは赤鬼に扮した子供と女性が座り、ティッシュを取って投げるというもので、あんまり怖いと思いませんでした。

まぁ明るいCMではありませんが…小さい子が見たら怖いかな?このCMは「呪いのCM」なんて言われていますけど、都市伝説だったみたいですね。

AC(公共広告機構)のCMがどれも怖すぎる件

AC(公共広告機構)は現在はACジャパンと名前が変わり、CMも明るいものになっています。しかし、昭和のACの広告はどれも怖すぎてトラウマものだったことは有名ですよね!?

中でもダントツに怖かったのが「覚せい剤やめますか、それとも人間やめますか」のあれです!!

「覚せい剤は確実に、そして無残に人間を破壊します…」のナレーションと共に、クギを打ち込まれた人の形の何かが割れ、くだけていきます…

でもね、怖いCMだけど内容はすごく良いんですよね。覚せい剤は絶対に絶対に手を出してはいけないものですから、このぐらい恐怖を与えたほうがいいんですよね。

海辺の砂の像が崩れ落ちる「ストップ温暖化」のCMや「産むだけで親になれるわけじゃない」のチャイルドマザーのCMも怖かったですねぇ…

日本昔話風の「もったいないおばけ」は怖いけど子供たちには教訓的でなかなか良かったと思います♪

ちなみにACではなく日本政府広報ですが、覚せい剤を使っているうつろな目をした母親の横で、小さな子供が暗闇の中で泣き叫んでいるCMもすごく怖かったです。

覚せい剤などの違法薬物は絶対にだめ!!…中学時代から大ファンだったASKAが逮捕されてどれだけショックだったか。覚せい剤は人間を壊す、本当にね。

もしかしたらああいうCMは怖すぎるからとクレームが来たのかもしれませんけど、必要なんじゃないかな?だって、子供達が絶対に覚せい剤なんかに手を出すことが無いようにね。

ナゾのCM…男の子と女の子がダムで遊んでいる

ネットで検索しても全然情報が出てこないのですが、小さい頃にとても怖かったナゾのCMがあります。弟も覚えているというので、確かに存在したはずです。

どういうCMかというと、男の子と帽子をかぶった女の子がダムの近くの川?で楽しそうに遊んでいる場面からそれは始まります。実写ではなくアニメです。

やがてダムの放流を知らせるサイレンが流れるのですが、男の子も女の子も遊びに夢中でそのまま川のところから離れようとしません。

そして…不気味なサイレン音が響き渡る中、女の子の帽子が流れていくというものです。…ああ、書いていて鳥肌が立ってきた!!2人の子供たちはどうなったんでしょう??

要するに「ダムの放流のサイレンに気をつけましょう」という旨のCMなので電力会社のCMなのだろうと思いますが、HPを見ても結局わからないままです。

番外:楽しいCM「このー木何の木気になる木♪」

怖いCMもありましたが、とても楽しく明るいCMもありましたよね。日立グループの「このー木何の木気になる木♪」が印象深いです。

昔、日曜の夜に『すばらしい世界旅行』という紀行番組が放送されていまして、そのときに流れていたと思います。

あのCMの「日立の樹」はモンキーポッドという木なのだそうで、日本でも買えます♪下の画像のやつです。

モンキーポッドはマメ科の植物で、最大25メートルほどになるそうです。日本では沖縄など一部地域を除いて屋外での栽培は出来ないそうです。

…まぁ室内で育てていたらあんなに大きくはならないんでしょうけどねwww日立の樹、ちょっと興味がありますね~。

昭和のCM、怖いものが多かったですが…いかがでしたか?覚えているものはありましたか?最近はクレームを恐れてか、怖いCMは全然見られなくなってしまいました。

でも、必要ならあえて怖いCMを作ることが必要な場合もあるんじゃないかと思うのですが…これも時代の流れかな。

にゃご
このー木なんの木…はオレも知っているぞ!すごく大きな木が出てくるんだよな。

よっしー
怖いCMも楽しいCMも、昔のCMって懐かしいわね~♪