フジテレビドラマ『お金がない!』

織田裕二さん主演の痛快なサクセス・ストーリー

「お金がない!」は織田裕二さん主演で1994年7月6日~9月21日まで毎週水曜日21:00にフジテレビ系で放送されていたドラマです。

大学在学中に両親を亡くして多額の借金が残され、まだ幼い弟2人を養っていかなければならなくなった貧しい健太郎が、チャンスをつかんで成功していく話です。

萩原健太郎役の織田裕二さんを始め、東幹久さんや財前直見さん、高樹沙耶さんらの演技がとても良かったですよね。

また服部隆之さんの音楽も、とてもコミカルでノリノリでドラマにぴったり合っていてすごーく良かったです!

※この記事にはドラマの結末を含むネタバレがありますので、これから観ようと思う方はご了承の上、続きをお読みくださいね♪

にゃご
このドラマはテンポが良くて、すいすい観られちゃう感じだな!

よっしー
そうでしょう?織田裕二さんもかっこいいし、夢中になって観ちゃうわよ。

各回のサブタイトルが面白い♪

どのドラマにもサブタイトルがありますが、「お金がない!」にももちろん各話サブタイトルが存在します。ちょっと並べてみました。

第1話「ブタの貯金箱」
第2話「仕事もない!」
第3話「プライドもない!」
第4話「運もない!」
第5話「希望もない!!」
第6話「愛情もない!」
第7話「勇気もない!」
第8話「血も涙もない!」
第9話「義理も人情もない!」
第10話「時間がない!」
第11話「お金がある!」←笑
最終話「やっぱり、ない!」

ほとんどの回が「~ない!」で終わっているんですけど、第1話が「ブタの貯金箱」なのが個人的には何となく惜しいwww

ここは韻を踏んでほしかったかも。たとえば「給料がない!」とか「住む場所もない!」とか…ああ、でも悲惨すぎてシャレにならないわorz

でも第11話のサブタイトルが「お金がある!」なのはすごく面白くてよいと思います♪この回では仕事で成功した健太郎が超豪華なマンションに弟たちを連れて行ってビックリさせるんですよね。

でもあの目が笑ってないお手伝いさんは怖すぎるよ…祐介と浩、可哀想に。まぁ実際、お父さんもお母さんもいなくて自分はバリバリ仕事していて年の離れた弟が2人いたら大変だと思いますけどね。

食生活の変化に注目!

健太郎・祐介・浩が住んでいるのはボロくて超格安家賃の借家でしたが、途中で仕事が成功して超高級マンションに引っ越した後、健太郎はユニバーサル・インシュアランスを退社して再び元のボロ家に戻っています。

でも、以前と同じように見えますが、実は微妙な変化が見られるんですよね…健太郎たちは最初、1尾の魚を3人でつつき合って食べるという大変貧しい生活を送っていました。

でも最終話では、ちゃんと1人につき1尾の魚が用意され、その他のおかずもちゃんと人並みに食べることができています!良かった、良かった♪

最初は小学5年生だった祐介と小学2年生だった浩も、最終話では中学1年生と小学4年生ぐらいでしょうか?育ち盛りの男の子だもの、やっぱりたくさん食べないとお腹が空いて大きくならないです。

ちなみに3人が住んでいた川岸の家はドラマの撮影用に作ったセットではなく、江東区永代にある巽橋の真横に実在する船場の家屋式倉庫だったそうです(現在はもう無いです)。

美智子と柏木部長、女同士のメラメラが怖い!

健太郎の幼なじみでユニバーサル・インシュアランスのビルメンテナンス会社であるユニバーサル・ビルサービスで働く美智子(財前直見さん)と、ユニバーサル・インシュアランス第一営業部長のバリバリのキャリアウーマンの柏木(高樹沙耶さん)。

性格も対照的な2人の女性は、相性が良いはずもありません!ちょっとしたことがキッカケで、2人は大喧嘩をしたことも…!

あんなのはドラマの世界だけのことだと思うかもしれませんけど、女性が多い職場にいたよっしーはあれに近い経験があったりします。怖いです…ま、自分が応じなければいい話なんですけど。

最初はキャリアウーマンで冷たい印象があった柏木部長でしたが、回が進むごとに彼女の苦労が見えてきます。女性が男性に混じって仕事をするのは、なんて大変なことでしょう。

健太郎が出世して彼女よりも上の立場になった時も、彼女は素直に健太郎に従っていましたよね。社長の不正を追及する件も、勇気ある決断だったと思います。

可哀想な大沢くん…(´・ω・`)

ユニバーサル・インシュアランス第一営業部の大沢くん(東幹久さん)は、ハーバード大学卒の秀才でありながら勉強以外のことはどうも苦手で、健太郎がいないとどうにもうまくいきません。

美智子のことを好きになってもなかなかアプローチできませんでしたが、終盤、あのプロポーズにはびっくり!!でした。

密かに健太郎の事を想っている美智子はイマイチ大沢くんに本気になれず、それでも結婚に向けて準備をするのですが…最後、結婚式の最中に健太郎が登場して「ちょっと待った!」「好きだ、美智子!」

ああ、あれはあまりにも大沢くんが可哀想ですよね!!結局結婚式は中止になり、大沢くんは自分のことを以前から想っていた京子さんとうまくいったみたいですね。

大沢くんは背も高くエリートで結構イケメンで一流企業に勤めていたのに、結婚式は中止になるし、ユニバーサル・インシュアランスを退職したことで親からも勘当されました…

まぁ、親の立場になって見れば「せっかくハーバード大学まで出したのにあの会社を辞めるとは何事だっっ!」と言いたくなる気持ちもすごーく分かるんですけどネ…

健太郎は最終回のその後どうなったのかな?

ユニバーサル・インシュアランスを退職した健太郎は(株)ハギワラという自分の小さな会社を作りました。

どういうことをする会社なのかよく分かりませんが、美智子にもプロポーズしましたし、きっと健太郎ならあの後、類まれなる才能と努力で成功するでしょうね♪

そのうち弟たちも大きくなって、健太郎を支えるようになることでしょう。大好きな焼き肉も、きっとしょっちゅう食べに行けるようになるでしょうね。

かつて貧乏だった2人、健太郎とユニバーサル・インシュアランスの社長の生き方は結局同じものではありませんでした。でも再びビジネスでつながることもあるんかな?

ドラマのタイトルは「お金がない!」です。単純に「お金よりももっと大事なものがある」なんて綺麗ごとは言えませんけど、お金のために大事なものを失ってしまうのは、やっぱり寂しいですよね。

ユニバーサルの社長は「成功するためには何かを捨てなければいけない」と言っていましたが、これは難しいですよね…あなたなら、捨てることができますか?

にゃご
お金も大事だけど、愛情も大事かなぁやっぱり…

よっしー
そうね♪お金は大事だけど、そのために何もかも捨てることは出来ない気がするわね。